ジャーロから生まれた本『猫の傀儡』西條奈加著 のご紹介

『猫の傀儡』
西條奈加

あらすじ

猫町に暮らす野良猫のミスジは、失踪した先代・順松の後を継いで“傀儡師”となった。人を遣い、人を操り、猫のために働かせるのが傀儡師だ。さっそく、履物屋の飼い猫から、花盗人の疑いを晴らしてほしいと依頼があり、ミスジは狂言作者の阿次郎を連れ出した。次々依頼をこなす一匹と一人は、やがて、順松失踪の意外な真相に――!? 時代ミステリーの傑作!!

書誌情報

発売日
2020年5月13日
価格
定価(本体660円+税)
ISBN
978-4-334-79028-8
カテゴリ
光文社文庫
判型
文庫判ソフト