ジャーロから生まれた本『推理は一日二時間まで』霧舎巧著 のご紹介

『推理は一日二時間まで』
霧舎巧

あらすじ

個室レンタルスペース『秘密基地』。利用者は、全身タイツのヒーローコスプレ男やカンフー着をまとった老人、熱狂的ゲームマニアなど、一癖も二癖もあるメンツばかり。そしてゴスロリ誘拐事件、燃える雪うさぎの謎、人気アイドルの失踪など、店で巻き起こるのは怪しいトラブルばかり。すべての鍵を握る人物とは?  ラストに驚天動地の大仕掛けが待ち構える、壮大かつ緻密な連作ミステリ!

書誌情報

発売日
2016年7月14日
価格
定価(本体1,300円+税)
ISBN
978-4-334-91104-1
カテゴリ
フィクション、文芸
判型
四六判ソフト