ジャーロから生まれた本『第四の暴力』深水 黎一郎著 のご紹介

『第四の暴力』
深水 黎一郎

あらすじ

集中豪雨で崩壊、全滅した山村にただ一人生き残った男を、テレビカメラとレポーターが、貪るようにしゃぶりつくす。遺族の感情を逆撫でし、ネタにしようと群がるハイエナたちに、男は怒りが弾け、暴れ回る。怒りの引き金を引いた女性アナウンサーは業界を去り、男は彼女もまたマスコミの犠牲者であったことに気づく。その二人が場末の食堂で再会したのは、運命だったのか、それとも──。
強烈な皮肉と諧謔が、日本に世界に猛威を振るっている「第四の暴力」マスコミに深く鋭く突き刺さる! ギョーカイに疑問と不信を抱くすべての人に贈る、テレビでは絶対取り上げられない問題作、激辛の味付けで登場!!

書誌情報

発売日
2019年4月18日
価格
定価(本体1,600円+税)
ISBN
978-4-334-91278-9
カテゴリ
フィクション、文芸
判型
四六判ソフト