ジャーロから生まれた本『分かったで済むなら、名探偵はいらない』林 泰広著 のご紹介

『分かったで済むなら、名探偵はいらない』
林 泰広

  • 『分かったで済むなら、名探偵はいらない』表紙
  • 分かったで済むなら、名探偵はいらない
    林 泰広 購入する

あらすじ

舞台は、『居酒屋ロミオとジュリエット』。その名の通り、客たちはかの名作になぞらえながら、新しい恋人を、裏切った妻を、身勝手な上司を、役立たずの部下を、不実な夫を嘆き、罵り、怒り、そしてみんな酔っ払っていく。その店でいつもひとりで飲んでいる、人呼んで「名探偵」の刑事の俺。今夜も謎を抱えた酔っぱらいが俺の前に座り込み、勝手に事件を語り出す──。デビュー長編『The unseen 見えない精霊』から15年、カッパ・ワンの奇才が帰ってきた!

書誌情報

発売日
2017年12月13日
価格
定価(本体1,600円+税)
ISBN
978-4-334-91198-0
カテゴリ
フィクション、文芸
判型
四六判ソフト