ジャーロから生まれた本『殺人鬼がもう一人』若竹 七海著 のご紹介

『殺人鬼がもう一人』
若竹 七海

あらすじ

わたしの野望はただ一つ。定年まで勤め上げ、その間にたっぷりと貯金をし、年金をもらって憂いのない老後を送ることだけだ。
都心まで一時間半の寂れたベッドタウン・辛夷ヶ丘。20年ほど前に〈ハッピーデー・キラー〉と呼ばれた連続殺人事件があったきり、事件らしい事件もないのどかな町だ。それがどうしたことか二週間前に放火殺人が発生、空き巣被害の訴えも続いて、辛夷ヶ丘署はてんてこまい。そんななか町で一番の名家、つくり一族の最後の生き残り・箕作ハツエがひったくりにあうという町にとっての大事件が起き、生活安全課の捜査員・砂井三琴が捜査を命じられたのだが……。(「ゴブリンシャークの目」)
苦みのある読後感と短編ミステリーならではのツイストが堪能できる6編を収録。

書誌情報

発売日
2019年1月23日
価格
定価(本体1,500円+税)
ISBN
978-4-334-91261-1
カテゴリ
フィクション、文芸
判型
四六判ソフト