ジャーロから生まれた本『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』天祢 涼著 のご紹介

『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』
天祢 涼

  • 『境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖』表紙
  • 境内ではお静かに 縁結び神社の事件帖
    天祢 涼 購入する

あらすじ

巫女は、クールな名探偵!
大学を中退し、人生に迷っていたさかもとそうは、兄が神職をつとめる横浜・元町の、由緒正しく恋愛パワースポットとしても有名な神社、みなもと神社で働くことになった。信心ゼロの壮馬の指導役は、「この世にこんなきれいな子がいるのか」と見ほれてしまう美少女・おんしずく。彼女は、参拝者の前以外では決して笑わない。どこか、謎を秘めていた。心霊騒動、たんの節句、就職祈願、夏の祭礼……etc. 神社を巡るさまざまなことを引き金に巻き起こるトラブルに壮馬が体当たりし、雫が解き明かす。そんな雫も、大学の准教授・にはふだん見せない顔を見せ、壮馬は気が気でなくなり──。初詣に七五三、お宮参りやとりの市、日本人の暮らしに深く根ざし、パワースポットとしても注目される神社のお仕事をテーマに、明るく、意外性に充ちた、趣向溢れる本格ミステリ!

書誌情報

発売日
2018年11月21日
価格
定価(本体1,600円+税)
ISBN
978-4-334-91251-2
カテゴリ
フィクション、文芸
判型
四六判ソフト