ジャーロから生まれた本『二人の推理は夢見がち』青柳碧人著 のご紹介

『二人の推理は夢見がち』
青柳碧人

あらすじ

()()は上京して七年。就職はしたけれど、やりがいはゼロ。恋人には今日振られた。ある日、祖父急死の報を受けて急遽帰省した早紀は、死の顚末に疑問を抱く。彼女は東京のバーで知り合った青年・(つかさ)を伴い、再度実家に帰ることにした。青年には人が触れていた「物」に残留する記憶を夢に見る特殊能力がある、らしいのだ。地に足の着いた日々を送り、大人びて見える旧友たちに事情を聞くうちに、新たな死者があらわれ、二人にも危険が……。二転三転する展開から目を離せない、長編ノンストップ・サスペンス!

書誌情報

発売日
2018年4月20日
価格
定価(本体1,400円+税)
ISBN
978-4-334-91217-8
カテゴリ
フィクション、文芸
判型
四六判ソフト